この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

カウンタ

閲覧者数183128
このホームページでは一部、PDFのファイルを公開しております。PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。下記のリンク先よりダウンロードしてください。

 

このホームページは、教育利用を目的として運営されているため、内容、写真等の無断転載、営業誌掲載をお断りします。

 

学校長挨拶


  学校長 嵯峨 豪

 本校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 第17代校長として着任しました嵯峨です。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は、養護学校が義務化となった昭和54年4月に開校し、今年度で39年目を迎えています。近年、全国的に知的障がい特別支援学校に在籍する児童生徒数が大きく増加していますが、本校においても同様の状況となり、このことによる学校の狭隘化は大きな課題となっていました。そのため、平成23年1月に近隣の石狩市に分教室として「石狩紅葉山校舎」を開設するとともに、平成26年4月には、閉校となった北海道稲西高等学校の校舎に高等部を移転し、分校として「ほしみ高等学園」を開設し、教育活動を展開しています。
 本校は、教育目標「一人一人の思いを大切にし、豊かに生きる力を育てる」の下、『児童生徒ひとりひとりの教育的ニーズに応じた「学び」を支える学校の創造』を中期目標に掲げ、児童生徒、保護者、教職員、地域の方々、関係する機関等の方々が信頼・感動・協力の下に共に学び、共に育つ学校を目指しています。
 それは、児童生徒にとって「しっかりとした学びのある学校」、保護者にとって「安心・安全で開かれた学校」、地域にとって「地域社会に貢献する学校」、教職員にとって「協働しながら専門性を高める学校」であると考えています。
 これからも児童生徒ひとりひとりにしっかりと向き合い、教育的願いや夢の実現に向けて教職員が一丸となり、指導・支援に努めてまいります。保護者の皆様をはじめ、地域の皆様、関係する機関の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

平成29年4月

                                                                   北海道星置養護学校長 嵯峨 豪